2011年01月02日

ヨーロッパ周遊

以前にバックパッカーをしていた時、ヨーロッパ10ヶ国を一人旅しました。

移動は「ヒッチハイク」「相乗り」「各駅停車」で予算は全部で3〜5万円くらい。

$◆◇横浜関内千夜一夜◇◆
こんなざっくりしたルートでした。

どうしてこんな予算で回れたのかと言うと、

留学先の大学が映画「スパニッシュ・アパートメント」でご存知の

エラスムスプログラムを置いていたため、

ヨーロッパのどこの国に行っても、泊めてくれる友達が居たのです。幸せなことだなー。

スロヴァキアとか、日本に直行便のない国に行けたのも良かったなと思います。

旅の途中、惚れ込んだ国(私の場合はドイツ、イタリア、トルコ)が出来た場合は

時間をかけて一ヶ国一周なんかもしました。

このお話はまた次に。


日本ではまだマイナーな「相乗り(ガソリンシェア)」という制度、

インターネットで経路を検索し、募集主に電話をかけて

ガソリン代程度の破格(大抵1000円以下)でヨーロッパ中を移動できるのです。

勿論、事故や危ない人に当たっても自己責任。

だから私はメールでなく電話で暫くお喋りをします。

危ない人の場合は大抵はここで何かを察することができるはず。

ちなみにこのシステムを選ぶ募集主(運転主)は大抵移動の間中めっちゃ喋ります。

自分の車に赤の他人を乗せようと思うのだから、人好きなのね。

利用者も人なつこい人が多いので、運転手と相乗り仲間と6時間連続喋り倒すこともしばしば。

この時は、特に捕鯨問題が取りざたされていたので、根ほり葉ほり質問責めに遭いました。

相乗り仲間、運転手とは目的地が一緒なので、

滞在中に美術館に一緒に行ったり、流氷を見に行ったり、ご飯を食べたり

街の案内をしてもらったこともあります、これは多分私が外国人だから。

$◆◇横浜関内千夜一夜◇◆
毎日6時間くらい歩いていたため、デニムに穴が開いて、股ぐらのとてもセクシーなズボンになりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 12:53| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。