2012年02月07日

ホステル

ホステル、ホテルじゃなくてホステル。

ユースホステル、B&B、ゲストハウス

色々あるけど、やっぱり旅の情報交換には、相部屋、ラウンジ、キッチンのある宿がいい。

今まで寒いところに居たから気づかなかったんだけど、30度を越える地域のホステルは、殿方は皆パンツ一丁で寝ています。丸見えです。

女の子は、キャミソールとかTシャツ一枚とか。とにかく薄着。手足が長くて美しいの。神話画の中の女性みたい。

ホステルがフリーセックスというのは迷信だけど、(カップルで仲良しの人たちはいる)

朝一番に目覚めると、そこには限りなく艶かしい肢体が寝息を立てているのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
href="http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/">

↑あなたの1クリックに、私の旅は支えられています。いつもありがとう♪
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 19:44| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超ポジティブ

シャワーのお湯が、最初に捻りが足りなくて、水シャワーだったんだけど

「丁度、暑くてプールに入りたいなと思ってたんです。ありがとうございます!」

と、頭の中の私が喋って、あぁそうかと思った。

超ポジティブ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
href="http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/">

↑あなたの1クリックに、私の旅は支えられています。いつもありがとう♪
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 12:13| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブエノスアイレス

前の宿で、「ブエノスの宿は、バスターミナルから近いけど、

普通に周りケチャップ強盗居るから気をつけて」

と言われて、やって参りました、ブエノスアイレス。

30度くらいあって気持ち良い暑さよ。暑くて最高だ。

ルイーダの酒場(日本人宿)で、次の目的地に行く仲間を見つけようと思ったのだけど(1人だとツアー料金が割高)生憎、満室と言われてしまいました。いや、別に良い。

同じ通りをあてもなくぷらぷらしていると、映画「エビータ」の舞台となった「Ideal」が、そしてお隣には「Hostel Ideal」が。これは泊まらない訳には参りません。

12人のドミトリーだと45ペソとたいへんお安くなっております。ベッドもただの三段ベッドじゃなくて、立体交差になってるから開放感でいっぱい。こんなに広くて綺麗で便利で、この安さで大丈夫なのだろうか。

「Ideal」には、敷居が高くて、ビーチサンダルでは足を運べない私ですが、立派な大人になったらまた来たいな。

広くて綺麗なバルコニーで、夕方の涼しい風に吹かれながら、スーパーマーケットの計り売りのお惣菜を頂いているだけでもう幸せなのです。

photo:01


味?ご想像の通り、タコの入っていないたこ焼きです。青のりらしきものも入ってた。

HostelIdealで、世界の同言語話者(独仏伊)を仲間にして旅に出ようと思ったのだけど、

「どこ行くの?」と聞いたら、みんなアマゾンとか秘境とか、本格的すぎるバックパッカーでどうしようと思った。ルイーザの酒場作戦、失敗。

ブログランキング・にほんブログ村へ
href="http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/">

↑あなたの1クリックに、私の旅は支えられています。いつもありがとう♪
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 12:09| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国境越え

photo:01


今日は、チリとアルゼンチンの国境を、バスで横断しています。所要24時間くらい。

ミルク色の川、エメラルド色の川、チョコレート色の川。

山もね、山という概念が違うの。

富士山とはまた全然違う。

山肌が、ピンクや水色や黄緑色の、パステルカラーのグラデーション。

山が七色だなんて、知らなかった。

たまにうたた寝はするけど、一瞬たりとも車窓から目を離していたくない。

ちなみにこのバス、地元の人たちと、気合いの入った欧米バックパッカーでみっちりです。

乗務員さんに「オリエンタルか?」と聞かれて「ハポンだ」と答えると

乗務員さんが「ありがとう」ってにっこり。

バスの中も、みんな「ありがとう」って練習を始めて、ありがとうの嵐。

道中、車内でビデオを流してくれるんだけど、

みんなが「イングリッシュ!」「エスパニョール!」ってばらばらのリクエストをするので、

「では、日本語ではいかがであろうか」と言ったら、

いや、それは流石にないわと、大円団。

ブログランキング・にほんブログ村へ
href="http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/">

↑あなたの1クリックに、私の旅は支えられています。いつもありがとう♪
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 11:44| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。