2012年03月05日

一緒に旅する

ペルーでは、とある日本人に貰ったガイドブックと共に旅をしています。

「安全」

「危ない」

「おすすめ!」

「良くないらしい」

「ランチの穴場」

沢山の書き込みを辿って、道を一つ進む度に、一緒に旅をしているような不思議な気持ち。

今、君の居た場所に私も居るよ。ありがとう。
ブログランキング・にほんブログ村へ

↑あなたの愛の1クリックに、私の旅は支えられています。いつもありがとう♪
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 22:40| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何か間違った国境越え

えらく心の動揺してしまう出来事があったため、
もうここには居られない!と「100万円と苦虫女」みたいな心持ちで、ボリビアとペルーの国境を跨ぎます。

私は未だ、この方法が正しかったのかどうか、自分では定かではありません。

ラパスからクスコ行のバスに乗りたかったけど、既に時遅しの朝8時の便しか出ていないそうなので、
「そうだ、(中間地点の)プーノ行こう」と決意。

プーノはかの有名なチチカカ湖の最寄りの町です。「マンコ・カパック・イン」という宿が、なんとなく面白そうなのでこの町にしました。

まず、ラパスの正規のバスターミナルではなく、ペルー方面のミニバスが集まる通りに行きます(お墓の近くです)

立派な観光バスが並んでおりますが、それらはスルーして、なるべく小さな乗用車に話しかけます。

17ボリでコパカバーナ行の車が捕まったので、売店のエンパナーダを食べながら出発を待ちます。

バックパックが車の屋根に麻糸で括り付けられたのを見届けます。ちょ、野ざらしって心もとなさすぎでしょ!

道中、チチカカ湖を眺めながらお昼寝などしていたら、隣のおじいちゃんに起こされます。

「全部荷物を置いて外に出ろ」だそうです。イミグレーションかしら。

おーっと、皆が1ボリのチケット(手作り)を買っているので何かと思ったら、船に乗るようです。

船乗ったー!ここがボリビアとペルーどちら側なのかも分かりませんが、とにかくチチカカ湖を渡った模様です。

船を降ろされて、暫しぼーっとします。どこいっちゃったんだろう、私のバックパック。

ふと湖を見おろしたら、なんとさっき乗っていた車も船に乗せられてるー!お帰りなさい運転手さん、お帰りなさいバックパック!

対岸で、少しだけ車に乗ったらコパカバーナに到着。格安白タクなので、アフターケアなど期待してはいけません。

道行く人に「イミグレーションを知りませんか?」と尋ねると、歩ける距離でないくらいまだまだ先と。

タクシーが25ボリと言うのでお願いすることに。余裕で白タクの値段を上回っているけど、ここは国境越えの経験を300円で買うことを決意。安いな!

タクシーの運転手さんにボリビア側のイミグレで降ろしてもらう。出国手続きは9割方がナンパで終わる。

イミグレ横の売店で、手持ちのボリをソルに両替。コカキャラメルをもらう。ありがとう!

目の前の道を渡り、ペルー国境のゲートを通過。やったー!ってなる。

ちなみに入国初っ端に遭遇したのは、家畜(羊とか豚とか)でした。ペルー、のどかだなー。

ペルーのイミグレで入国手続き。プーノまでの行き方を聞く。バイタクに乗って、プーノ行のバスを探すらしい。なんて楽勝なの!

国境に停まっている観光バスに「プーノまで行きたいのだ」と告げると「本当は貸切バスなんだけど乗せてあげるよ!」と交渉成立。堂々とした密入国者みたいになる。

なんとプーノのホテル前まで乗せてもらった挙句、手書きの地図など頂く。ありがとうございます!

多分、良いお値段の観光バスを使えば、この工程は全く踏まずに国境越えはできるものと思います。

何が正しかったのかは神のみぞ知る国境越え。
ブログランキング・にほんブログ村へ

↑あなたの愛の1クリックに、私の旅は支えられています。いつもありがとう♪
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 22:37| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅人への手紙

あげます!

• 大量のスイスフラン硬貨
過去2回のスイス渡航により集まった小銭が、ずっしりと肩に食い込んでいます。誰か使ってあげて。

• 大量のチェココルナ硬貨
過去2回の(上記同文)

•リマの某欧州系ホステルの本交換コーナーに、指揮の本を置いてきました。100%日本人にしか需要がないので、どなたか見かけたらぜひ貰ってあげて下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑あなたの愛の1クリックに、私の旅は支えられています。いつもありがとう♪
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 22:29| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。