2012年06月12日

生まれ出づる悩み

砂漠(サハラ)で、素足で枯れ木を踏んだ時に、枝の断片が足の裏に刺さったまま傷が閉じてしまった。

(自分のラクダ可愛さに、砂漠にはバックパック及び医療セットを持って行かなかったため)

時間が経過したいま、己の肉体に完全に埋没した枝を取り出すのはもはや至難の業である。

故に現在、非常に歩きづらい。
足の故障が治ったと思ったらこれか。

夏目漱石は、人生に於ける悩みと云うものは、手を変え品を変えながら、一生付き纏うものだと言った。

多分、一生がこんな感じで、きっと、それでも幸せなのだ。


(今日の結論 破傷風の予防接種をしておいて良かった)
ブログランキング・にほんブログ村へ

↑1クリックをして頂けると、私が喜びます。ただただ、それだけです。
いつも貴重なお時間を割いて下さり、ありがとうございます。
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 05:27| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

人生3度目のイタリア

ミラノ•ベルガモ空港に着いてから思った。

あぁ、ここって生まれて初めてイタリアに来た時に使った空港だったと。

その頃は、無理やりにでも環境を変えなければいけなくて、1000円にも満たないフライトチケットで着の身着のまま飛び込んでみたミラノ•ベルガモ空港。

焼き立てのパンと、コーヒーの香りがして、イタリア語アナウンスは、一言も聞き取れなくて、ここでなら人生をリセットできると思った。

今回、3度目に来て思ったよ。

糖度も食感も温度も「完璧な」メロンに乗せた「極上の」生ハムと、モッツァレラ•ブーファラ。

舌の上で果汁が弾けると同時に、完璧な温度でとろけるプロシュート。
舌の上に残されたモッツァレラの爽やかな余韻。

それを感じることができるのが、きっと生きているということ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

↑1クリックをして頂けると、私が喜びます。ただただ、それだけです。
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 08:55| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お勧めホステルinマドリードLas musas residence Hostel Madrid

Las musas
C/ JESÚS Y MARÍA 12, MADRID, ESPAÑA
Phone: +34915394984

ドミ18Euro〜
朝食込み
wifi対応、フリーPCルーム有
ドリンク、アルコール、食物の販売
キッチン、冷蔵庫付き
毎朝フリーウォーキングツアーあり
Metro: Tirso de Morina駅から徒歩3分

山西さんに教えて頂いたホステルです。今までのホステルランキング暫定世界一を余裕で越えました。
次回Madridに来た時も、絶対にまたここに泊まります。

何が素晴らしいかと言うと、まずキッチンの設備。
普通のホステルの常備調味料が塩胡椒に砂糖くらいが関の山のところを、こちらはハーブからスパイス、ソース、醤油、ガーリックパウダーまで、何でもあります。
(あと、お塩がテーブルソルトじゃなくて天然粗塩だったのも素敵。)
エプロンまでついてる!!!

そして、何と「ご自由にお召し上がり下さい」の色んな種類のパスタとお米。
つまり、何時でもパエリヤを自炊できるということです。

色んな種類のビールと、小腹の空いた時用のエンパナーダも売っているし、至れり尽くせり。

なんだか諸々凄まじく良いお宿でした。この感動が伝わるかしら。

自分メモ
スペインバス検索
http://www.independentrip.com/
ブログランキング・にほんブログ村へ

↑あなたの愛の1クリックに、私の旅は支えられています。いつもありがとう♪
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 08:53| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。