2012年09月05日

身辺整理

この半年で、人が生きていくには、バックパック一つ分の荷物だけでいいって気づいた。

自分の部屋を空っぽにするために日本に戻って来たのに、身辺整理が全然進まないよ。

片付けたいもの

・古本
世界各地の日本人宿にジャンル分けして送る

・古着
自分が実際に足をはこんで滞在し、必要とする人に絶対に届くと分かったボランティア施設にのみ送る。

・それ以外のもの
フリーマーケットやチャリティバザーに出す。売上は上記の送料にあてる。

・あげます
クラシックのCD、独仏伊の語学参考書、アート系・映画系の雑誌、美術展のカタログ、演劇のパンフレット、色んな国の料理の本、裁縫道具沢山(布、糸、レース、チャコ等)、着物

本は重いからフリマに持って行けないし、CDは好みが分かれるから、もしも今月私と再会する予定のある方は、ぜひご一報下さい。

帰国してから、帰省したり免許とか健康診断とか片付けたいものが沢山あって、まだ携帯の電話帳は10件です。世界一周のお土産も手付かず。
でも、お礼を言いに行くから、待っててね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 10:56| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二俣川へ行こう

身辺整理の他に、運転免許(国際免許)を取ることも、一時帰国の目的のひとつだったんだよ。
薄々気づいていたのです、広大な国はバイクで横断した方が楽しいということを。

妹が「裏校(学科試験対策の予備校)に行けば絶対受かるよ!」と言うので、始発で二俣川へ行くのです!

朝4時から準備をして、5時台の始発に乗って、6時から裏校で講義開始!のはずが

家に教習所の卒業証明書を忘れたことが、二俣川駅で判明…。

いつもそうなんだ、いつも大事な時に抜けてるんだ。

院試なのに間違えてセンターの日に登校するし、
誕生日に刑務所の周りを散歩してたら、野犬にお尻をがぶっと美味しく噛まれるし(タイ)
今のはあんまり関係なかったかな。

というわけで、始発で二俣川までの順調ルートを、そのまま家まで逆戻りしなければならないのです。

家に着いて、「さすがに今日は時間的に無理かな!」と思いながら時刻表を調べたら、なんだか間に合ってしまいそうだったので、再びダッシュで通勤ラッシュの満員電車へ。

二俣川に着いたのがぎりぎりで(試験は8時30分から)裏校に行けなかったから、出る問題を聞けなかったよ。

なんかもう息を切らしながら受けたよ、学科試験を。
絶対あかんかったわ。自己採点で落ち確定と思う。

採点を待つ間、「もしも万が一受かっていたら、記念に献血しよう」と心に決める。

で、結果。

なんと

合格していました、わーい!

これでもう、Tsutayaの会員証を作るのに、わざわざパスポートを持参する必要もないし、
身分証代わりに有効期限の来れた学生証を持ち歩く必要もないし、
あとなんかついでに車も運転して良いらしい。何それすごい!

これから毎日、会う人会う人に運転免許を見せびらかして歩きます。みんな、見たかったら言ってね!

半年間ハンドルを握っておりませんが、もしもドライブに行きたかったら言ってね!(マリオカート得意です)


「たのもう!」と意気揚々と献血センターのドアをくぐり、書類に記入をしておりましたらば、

お姉さん「海外渡航の欄にマルがついていますが、最近どちらかに行かれましたか?」

私「40ヶ国ほどで、帰国して一週間以内です」

えぇ勿論、もちろん全力で献血を拒否されましたとも。帰国後4週間以内はだめなんだって。

私の血を一体誰が欲しいというのかしら。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 02:52| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。