2013年02月20日

伊語留学

イタリア半周
Fri, March 08, 2013
テーマ:ブログ
「どうしよう、私半年も勉強したのに、sono〜 しか喋れない」

深刻な顔をして、ロシア人の親友に相談したところ

「それでもFirenzeを観て来い」と背中を押され、

3ヶ月もある長い長い夏休み、

大学の留学とはまた別に、フィレンツェの語学学校にひと月の遊学をしました。


到着してからは、語学の不安も吹っ飛び、

イタリアのワインを飲み尽くしたいという野望から

毎晩、ホストマザーとワインを2本開ける日々を送り、

語学の授業はそこそこに、声楽と美術のレッスンにばかり精を出していました。

このマンマ(ホストマザー)が2人の孫を持つおばあちゃんなのだけど

モデルさんのように綺麗で凛として、キューバをこよなく愛する格好良い女性なのです。


また一緒にワインを飲みたくて、あのお城のようなお家で暮らしたくて、春に二度目の遊学を果たしました。

今度は語学学校は関係なしに、一日3時間のプライベートレッスンのみ。

午後はバルコニーのブランコに寝そべりながら、5歳児と一緒に絵本を読んでいました。


2週間、春のフィレンツェを堪能したので、

今度はイタリア半周(ローマ以北)の旅に出ました。

LCCの\1000の格安航空券で渡航したのだけど、道中で乱気流に飲まれ

ビッグサ○ダーマウンテンかと思うほど機体が揺れました。

乗り合わせた人々は大騒ぎして動揺していたけれど、

私は黙って死を覚悟しました、「保険いくらおりるかな」と。

無事に着陸できた時、

客室乗務員と乗客全員が拍手喝采し、口笛を鳴らし、抱き合って生還を喜び合いました。

きっと彼らは母国がサッカーのワールドカップで優勝するより喜んでいたと思います。


ローマ以北のイタリア全土を半周したんだよ。

ローマもミラノもヴェネツィアも素晴らしかったけど

やはり畢竟ラヴェンナの教会モザイク画です。

目を瞑ると、未だに見えるの。またたく天井画。
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 06:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。