2013年03月14日

ベトナムライフ(ご飯編)

一人の時のご飯は、絶対に言葉の通じない屋台で食べると決めているので、
外国語が通じるツーリスト向けの市場の中の屋台じゃなくて、
路上にプラスチックの椅子を並べただけの、肉体労働者の皆様相手にお母さんが昼だけ開いているような屋台へ行きます。毎日がピクニックです(工事現場での)

南米にもインドにも対応できる強靭な胃腸に産んでくれた両親には本気で感謝しています。

皆が口を揃えて言うけど、ベトナムは恐ろしく食の水準が高く、本気でベトナム国民が羨ましいです。(できれば大都市以外に住みたい)

「手作りの、透き通ったつるっつるの平打ち麺に、干物でとった出汁の澄んだスープ、香草を添えて」(フエ)みたいなのから

「そのままスープ無しでも美味しい、もちっもちのたまご麺に、絶妙のタレをからめた、ぶっかけうどん風、香草とライムを添えて」(ホイアン)とか、

「ぱりっぱりのフランスパンに、ふわっふわのオムレツを挟んで、絶妙のタレを絡めたバゲット、香草を添えて」(ニャチャン)とか、

カンボジアでは、取り憑かれたように毎晩毎晩同じお店(シェムリアップKARO)でクメールカレーを食べていた私ですが、

ベトナムでは、どのご飯にも、香草がこれでもかとどっさり入ってます。多分もう、これから先の人生一生分の生ハーブを頂きました♡

大量のハーブと共に、身体から何がしかがばりばりデトックスされている気がします。アヤワスカか。

今日、一人で街をぶらぶら迷子になっていたら、地元の高校生たちが声をかけてくれて、自転車二人乗りで街中をチャリチャリしたのですが

「ベトナムはどうですか?」と質問され、

「食!食べ物が素晴らしいです!」

と野生丸出しな即答をしてしまってすこし後悔。
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。