2013年03月22日

ラオスのバスは、ひたすらうねうねうねうね。


生まれてこのかた、一度も乗り物酔いしたことがないのは、何を隠そう父のおかげです。

我が親ながら信じられないのですが、私の父は東京生まれ東京育ちなのに、電車に一度も乗ったことのない人です(もしかして修学旅行くらいは機会があったのかも)多分、切符の買い方も知らないんじゃないかな。

趣味は車。どこに行くのにも車。
生まれた頃から、どんな遠くに行くのにも車だったので、どんなベッドよりも車の揺れの方がよく眠れるのです。というか車は寝るものだと思ってる。

ただラオス、君だけは別だ。

世界有数の悪路と称えられた南米ボリビアの長距離バスですら、何も感じなかった鈍い私でも、

ラオスのうねうねうねうね。熱帯夜密室24時間はさすがに堪えた。窓から風を取り入れようよ風を。

でもまたきっと来年も乗っちゃうんだろうな。
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。