2012年08月10日

大好きな貴方へ

旅の始めから、バイクと自転車乗りの旅人には、必ず手料理を作ることと、ハグで別れることをかたく心に決めて旅をしています。

もしかしたらそれが、その人の最後の晩餐になるかも知れないし、宿を出た時に最後に会った人になるかもしれない。

旅をしていると、突然、他の旅人を通して共通の知人の近況を耳にすることがある。
そう、知ることができて良かった。


信じられないくらいの長旅、お疲れさまでした。

世界で一番、貴方のことを尊敬していると言っても、決して過言ではありません。

貴方は私にとって、ヒーローでした。

貴方の存在が、どれだけ他の旅人に夢を与えたことでしょう。貴方の背中を見て、バイクや自転車に乗った人も多いはずです。

最後に思い出した人は、やっぱり苦楽を共にした人でしたか?

また貴方とワインを飲みたかった。

今は、まるでぽっかり心に風穴が空いたかのようです。


卒業試験とか、修了式とか、帰国準備とか、

色々なことが重なり、こんなにご報告が遅くなってしまったのだけど、

決めた、もうすぐ一時帰国します。
posted by ○●○MoMiYa○●○ at 10:04| 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。